<< みちのく大賞典予想byテンポイント | main | 埼玉大学競馬サークル「オールカマー」です >>

スポンサーサイト

  • 2011.09.05 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


関東オークス観戦記その2

観戦記その1ではユキチャン中心(ほとんど)だったので他の馬やイベントなどを紹介します。

まずは他の出走馬たち。
パドック


2着は1番人気のプロヴィナージュでした。スタートで後手を踏んでしまい後方からの競馬。よく追い上げましたが相手があまりにも強すぎました。ただ毎回いい脚を使ってくれます。
プロヴィナージュ


3着は船橋のブライズメイト。3コーナー手前で捲くるいつもの競馬。
地方馬の意地はみせてくれました。湿ってたらもう少しやれたみたい。

4着は大井のミスガイア。休みあけをたたいてから堅実な走りを続けています。
交流重賞でも堅実さを発揮しました。
ミスガイア


5着はカミノミライ。これには正直驚きました。二桁着順が連続していた馬が一変!
どうやら左回り(川崎)が合うよう。確かに川崎実績はありました。

その他の注目馬は
3番人気カレイジャスミンは7着。私の◎だったのですが…
ユキチャンに競られて駄目だと思いました。連戦の疲れもあったようですし、初ダートも厳しかったかな。
カレイジャスミン


4番人気マダムルコントは見せ場なしの9着。かつての地元に戻っての走りに期待していたんですけどねえ。3歳になってからさっぱり。
2歳時は重馬場で活躍した同馬。パサパサのダートは合わないのかもしれません。
ボンネビルレコードみたいに中央の調教で強くなるのは稀なんでしょうか
マダムルコント


年明け2戦の準重賞を連勝して南関クラシックの主役だったインカローズは6着に敗退。
プリンセス賞のときも距離が長いといっていただけにやはり距離が課題です。短距離ならもう少しやれそうです。
インカローズ


そして今後注目なのは12着だったマサノミネルバ。今回は転入初戦、昨年10月のエーデルワイス賞以来で太め残り。実力はいいものを持っているだけに叩いてどう変わってくるか見守りたいです。ちなみに貴重なラムタラ産駒。
マサノミネルバ




関東オークス前には通算7151勝を誇る、元川崎のジョッキー佐々木竹見さんと元高崎の女性ジョッキー赤見千尋さんのトークライブも行われました。南関ファンなのに初めて見ましたw。佐々木さんが2100mの難しさや勝利のポイントを解説していました。
佐々木竹見
赤見千尋


以上関東オークスのレポートでした。今度は川崎競馬場について書きます。
横断幕

スポンサーサイト

  • 2011.09.05 Monday
  • -
  • 18:12
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
竹見さんと赤見さんのトークライブ、
聞ける人がうらやましいです(^^;)
北海道でもやってほしいなぁ。

パドック写真、こうして見ると、
ダート戦の重賞でもあり、
この時期の3歳牝馬ながら、
どの馬もパワーみなぎる
ムキムキな感じですね。
  • なかち
  • 2008/06/23 7:28 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM