<< 黒潮盃展望@早大テンポイント | main | 東京盃 >>

スポンサーサイト

  • 2011.09.05 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ほっかいどうへのたび

例年、夏の旅行は新潟に行ってるのですが今年は何を血迷ったのか北海道へ。
初めて北海道に行って感じたのはとにかく広いなあと。特に帯広まで車での移動は骨が折れました。

私は北海道までフェリーで行きました。茨城県の大洗から出発して苫小牧までの航路でした。初めてのフェリーだったのですが大きい船は揺れないものだと嘗めていたらこれが正直今回の旅で一番苦労しましたね。まあいい経験にはなりました。次に北海道に行くときは飛行機で行きますけど。
フェリー


初日のイベントは牧場見学。
当初はアロースタッドだけの予定でしたが某メンバーの圧力により日高軽種馬場農協門別種馬場にも寄ることに。通り道だったので渋々了承。
その前に知り合いのお勧めの蕎麦屋爐い困濘堂瓩巴訖。もちもちした麺でなかなかの美味でした。その店では調教師さんなどの競馬関係者をよく見かけるらしいと聞いていましたが来店時には見かけませんでした。もしかしたら気付かなかっただけかもしれませんが。そういえば北海道の道で蕎麦屋をよく見かけました。北海道ってそば有名でしたっけ?
昼食後まずは日高軽種馬場農協門別種馬場へ。車から降りたらいきなりキッケンクリスとアドマイヤボスが。ほんとにここが入り口かと思わせるような無防備具合。アドマイヤボスってアドマイヤベガの全弟だけどこんなところに放牧させといて大丈夫かと少し心配しました。見学時間になったら関係者が出てくると思っていたら誰も来ず。とりあえず入ったらテイエムサンデーがいました。
テイエムサンデー



ディアヤマトの父親だあと南関ファンの私一人だけ少し興奮。でもテイエムサンデーは毛艶がよくとてもきれいでした。そしてその奥に王者・テイエムオペラオーが。遠い場所にいてしかもなかなか動かないので近くでは見れませんでした。
テイエムオペラオー


他にもアポロキングダム、グリーンアプローズ、シベリアンホークがいましたがダイタクリーヴァやナリタセンチュリーなどは見ることができませんでした。それにしてもここの種馬場は個性派ぞろいでした。コアなファンにはたまらない牧場かもしれません。


次にアロースタッドへ。が、途中で道に迷うというハプニングが発生。なかなか二十間道路にまでいけませんでした。その間にカントリー牧場などに間違って入ろうとしちゃったり。なんとか時間内に到着することはできました。アロースタッドは有名な馬ばかりで全頭見るのが大変でした。そのなかでもMVP的な活躍を見せていたのが最近種牡馬入りしたばかりの去年のダービー馬候補No.1だったフサイチホウオーでした。なぜMVPかというと言い方は悪いですがとりあえずこの馬のしぐさが馬鹿丸出しだったことです。こんな馬を去年のダービーで買っていたのかと思うと少し残念になりました。さらに牝馬がいないのに馬っけは出す始末(ミスキャストも出していましたが)
フサイチホウオー


ほとんどの馬が馬房から顔を出してくれました。なかでも今にも眠りそうなシスターミニスターや1時間ずっと同じポーズをとっていたトーホウエンペラーなどこちらも個性派ぞろい。
下の画像はとてもきれいだったマイル王タイキシャトルです。
タイキシャトル



牧場見学で印象的だったのはほとんどの馬がおとなしかったことです。普段競馬場で見る競走馬は結構暴れたりしていますがさすがに年齢のせいなのか現役じゃないせいなのか走り回ったりはしてませんでした。種づけシーズンは違う姿が見れるのかもしれませんが。



2日目には帯広市のばんえい競馬の観戦へ。レンタカーによる約4時間弱の長旅が疲れましたがなかなか見ることができないばんえい競馬を生で見ることができ、時間をかけて行ったかいがあったと思います。途中夕張市にもよりましたが思ったほど廃れてなかったなあという印象。お土産品はやはり夕張メロン関連がほとんどでした。メロン浅漬けといったものも。

さてばんえい競馬ですが感じたのは
1.やっぱりでかい。
2.パドックで意外とチャカチャカしたりしている
3.速い(一緒に歩いて抜けませんでした…)
といったとこです。ばんえい競馬って遅いものだと思っていましたが(漫画優駿の門の影響)700キロ近いそりをひっぱているのにすごく速く感じました。
ばんえい


帯広畜産大学ばんえい研究会の方のご案内でよりばんえい競馬に接することができました。我々がよく?行っている南関東競馬より地域密着な競馬だと思いました。
馬券はまず予想自体難しすぎたので適当に買っていましたがそれじゃあなかなか当たりません。勝てるようになるには経験と特に知識が必要ですね。


途中きれいな夕陽や花火大会などが競馬場から見ることができ競馬以外にも楽しむことができました。
帯広での夕陽




最終日は札幌競馬場でJRAの競馬を観戦。思ったより古い造りのスタンドでここは地方かと思わせる感じ。でもすごくのどやかな雰囲気で予想をすることや馬券を買うことがどうでもよくなっていました。加えて私のPOG馬マナクーラが新潟のメイクデビュー勝ちをして満足していたのもありましたし。
また食事が地元のものが多く、こういうのを府中や中山でも売ってほしいなと思いました。私はジョッキーもよく食しているというスープカレーを初めていただきました。その匂いで周りの人から白い目で見られていたような気も…
メインのキーンランドCでは大穴タニノマティーニが勝ったりして少しどよめいていました。
札幌競馬場



去年は馬インフルエンザで旅行が中止になってしまったためサークルとしては久々の旅行でしたが初の北海道ということもあり比較的楽しめたかなと思います。かなりの強行軍だったため最終日なんかはみな疲れている様子でした。やはり北海道は日程をかけて回ったほうがいいと感じました。



私は帰りももちろんフェリーで。やはり飛行機がいいと思いました。


スポンサーサイト

  • 2011.09.05 Monday
  • -
  • 22:40
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
どうもお疲れ様でした。わざわざ遠い帯広まで来ていただいてありがとうございました。
また帯広に遊びに来てください!
つぎはもっと輓馬にふれ合えるようにします!
ただ残念ながら経験や知識を持ってもばんえいが当たるようにはなりません・・・
  • 畜大・庄野
  • 2008/09/11 1:55 AM
フェリーだったんですか。それは……キッついですね(゜゜;)
私だったらダウンします。(船はあまり得意ではありません)

北海道、楽しんでいただけたようで何よりです♪札幌競馬場はいかがでしたでょうか??
あまりおかまいできなくてすみませんでした(^_^;)

今度はもっとお互いの愛馬会が交流できるといいですね。私たちの関東地方遠征の際は、どうぞよろしくお願いします(^_^)
  • アヤカ
  • 2008/09/11 8:25 AM
>>庄野さん
 北海道に行った際はまたいってみたいと思います。

>>アヤカさん
 札幌競馬場はいい雰囲気でした。ぜひ東京にも足をお運びください
  • いわさき
  • 2008/09/13 8:13 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM