<< 2008年の南関東競馬 その2 | main | 船橋場外で川崎競馬 >>

スポンサーサイト

  • 2011.09.05 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


浦和競馬場は工事中です。

久々に行ったらゴール前の「1号スタンド」が豪快に解体中でした。
建物からせり出していた、席の部分がザックリ切り取られています。

浦和1号スタンド解体中

↓ 正面から。イスの土台らしき残骸が。


廃墟スタンドアップ

↓馬場〜座席部分だった所は真っ平らになり、作業用の?土が盛られています。

浦和スタンド解体中2

↓よく見ると、「馬主席」エリアの看板がまだ残っています。

浦和1号馬主席看板

落ち着いてから、レース観戦すると…
「…?」
「なんかゴール前の映像の様子がヘンです…。」
↓ゴール前でカメラが切り替わりません。

浦和の暫定カメラアングル

4コーナーから直線の間、
同じカメラがず〜っと追い掛けて行き、
普通に我々が客席から見ているようなカメラアングルで、
お馬さんたちはそのままゴールしてしまいました。
「なんじゃこりゃー?」

…どうも、取り壊し中のスタンドから、
ゴール前担当のカメラさんが居なくなったのか、
2号スタンドにある ↓ このカメラさんが
直線部分をず〜っと担当されているようです。

暫定カメラ席@浦和2号

う〜ん、ゴール真横にあった一等地スタンド解体のせいでか、
競馬中継では珍しい、
『ゴールの瞬間を横から撮れない』中継体制になってしまっているようです。
※これまでも、やや斜めのアングルで、
 内外の距離感が分かりづらく、判定カメラを見て逆転!…ってのは結構ありましたが。

判定映像はきちんと流れますので、
どうも実況映像用のカメラだけが撤収している状態のようです。

1号スタンドの建て替えが終わるまでは、
しばらくこの映像なのでしょうか…。

とはいえ、これはこれで斬新な競馬中継として、その特徴を楽しめば、
新スタンド完成後は、工事期間の思い出?にはなるかも。
実況カメラが‘一般人目線’の間しばらくは、オフト後楽園で済ませる事なく
なるべく現地に足を運び、よりゴール前で観戦したいところです。


P.S.帰宅して南関東競馬HPでレース映像を確認したところ、
   場内で流れていた「真横アングル・スロー再生」の判定映像は見られず、
   上に掲載した普通の場内実況映像のみが。
   判定用の映像って、HPにアップできない大人の事情があったりするのかしら…。

スポンサーサイト

  • 2011.09.05 Monday
  • -
  • 02:38
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
ゴール写真の話、とても興味深いですね。
写真入りで工事の様子がよくわかりました。
なかなか貴重な画ですね(笑)
また投稿楽しみにしています。
  • なかち
  • 2009/10/08 4:34 PM
超不定期更新になっていてすいません。
写真はたくさん取ってるのですが、
ブログ筆不精でして、
この回のように思い出した時に投稿しております。

つい先日の開催で確認した際には、
浦和の工事はだいぶ進行しており、
関係者用スタンドらしきものが出来かけておりました。
  • 記事担当者
  • 2010/02/24 9:10 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM